準備と修理方法|水道が使いにくくなった時が蛇口交換のタイミング

水道が使いにくくなった時が蛇口交換のタイミング

準備と修理方法

男女

水道を使っているとポタポタと水が流れ落ちてくるのはパッキンに原因があります。パッキンというのは消耗品なので、水道を長年使用し続けているといつか必ず交換する必要性が出てきます。この水漏れ修理をするには、まず新しいパッキンを購入しましょう。ホームセンターでパッキンは500円程度で売っています。水漏れ修理でまず何よりも行うべきは水道の元栓バルプを閉めることです。それというのも、これをしていないと解体作業をしているときに水がとめどなく流れてしまって作業を困難にするからです。必ずハンドレバーの部分にネジがありますので、マイナスドライバーで外していきましょう。そうするうちにスピンドルが見えてきます。

スピンドルが変色していて劣化している場合はスピンドルも交換するといいでしょう。ホームセンターでも購入可能です。スピンドルを取り出したらパッキンが嵌っているので、これを新しいものに交換すれば作業は完了です。水漏れ修理と聞くと、業者に依頼しないといけないイメージがありますが、自分でも簡単に行うことができます。ただあまりやったことがなくて不安だったり、きちんと修理してもらいたかったりするのであれば、水漏れ修理は専門の業者に依頼するようにしましょう。いまは電話やホームページの連絡フォームから依頼すると、すぐに対応してくれる業者が数多く存在しています。見積もり依頼もして、料金面も確認した上で行なってもらいましょう。